日本臨牀75巻7号(通巻第1123号)
肺癌治療の進歩―最新の基礎と臨床研究状況―
☆カラー図説:肺癌発生・進展のメカニズム 高橋  隆     988
T.総 論
 1.肺癌の疫学−わが国と諸外国との比較− 雑賀公美子     993
 2.肺癌基礎研究の現況と展望 萩原 弘一     999
 3.肺癌臨床研究の現況と展望
    −分子生物学の急速な進歩の恩恵と医用工学の嵐の前− 弦間 昭彦    1005
II.最新の基礎研究
 1.肺発がんと遺伝子多型・遺伝子変異シグネチャー 本多 隆行    1010
 2.肺癌のシグナル伝達 衣斐 寛倫    1016
 3.肺癌のゲノム異常と遺伝子診断 西尾 和人    1022
 4.ALK-TKI耐性の分子メカニズム 片山 量平    1027
 5.EGFR-TKI耐性のメカニズム 山田 忠明    1034
 6.血管新生阻害薬耐性のメカニズム 後東 久嗣    1039
III.最新の臨床研究
 1.肺癌の診断
  (1)肺癌の病理診断 谷田部 恭    1044
  (2)画像診断と低線量CT検診 楠本 昌彦    1051
 2.肺癌の治療
  (1)内視鏡治療 坂  英雄    1056
  (2)血管新生阻害薬による治療 片上 信之    1061
  (3)ALK-TKIによる治療 二宮  崇    1067
  (4)EGFR-TKIによる治療 齊木 雅史    1073
  (5)放射線治療の進歩 高橋 一平    1079
  (6)手術と術前・術後補助療法の進歩 富沢 健二    1085
  (7)扁平上皮癌の治療の進歩 赤松 弘朗    1091
  (8)小細胞肺癌の治療の進歩 豆鞘 伸昭    1095
  (9)殺細胞性抗がん剤と分子標的薬の併用療法の試み
      −現在までの報告と今後の展望− 大泉 聡史    1104
 (10)希少肺癌の個別化医療の展望 葉  清隆    1109
 (11)免疫療法の現状と今後の展望 荻野 広和    1115
 (12)再生検の現状と課題(リキッドバイオプシーを含めて) 安田裕一郎    1121
W.特 論
 1.高齢者肺癌の治療 佐々木高明    1128
 2.分子標的薬時代の転移性脳腫瘍治療 井内 俊彦    1134
 3.肺癌に対する医師主導治験の現状 竹内 伸司    1141
以上